デスクワークの肩こりと眼精疲労 | 中央区築地のはりきゅう キーポイント築地治療センター

お問い合わせはこちら

ブログ

デスクワークの肩こりと眼精疲労 | 中央区築地のはりきゅう キーポイント築地治療センター

2019/10/04

デスクワーカー、SE、プログラマーさんの肩こり・腰痛・眼精疲労に

 

キーポイント築地治療センターでは、デスクワークにより引き起こされる肩こり、腰痛、眼精疲労、不眠に特化した治療を行なっています。

 

 

<座りっぱなしが引き起こす腰痛>

長時間、椅子に座りっぱなしだったり、同じ姿勢が続くことで、あなたのカラダには、見えない負荷が掛かっています。

 

Nachemsonの研究によると、座位(座った姿勢)では、立位(立っている姿勢)時に比べて、腰椎の椎間板に掛かる内圧が1.5倍に、さらに座ったまま前かがみになると1.8倍にもなるという結果が出ています。

Nachemson 1976(姿勢や負荷と腰椎椎間板内圧の関係)

 

つまり、座っているだけで腰痛を引き起こす可能性があるということです。

 

※画像は「カイロプラクティック新御茶ノ水外来センター」より引用

<PC作業が引き起こす症状>

長時間モニターを見ながら作業することにより、全身の筋肉だけでなはく、自律神経の乱れを生じることが報告されています。

●頭を支えるための筋肉疲労による肩こり

●目の疲れ、眼精疲労

●交感神経優位による不眠

 

 

 

●頭を支えるための筋肉疲労による肩こり

頭の重さは、だいたい体重の10%くらいなので、体重60kgの男性は、約6kgの重りを首で支えていることになります。スマホなど下を見ながら作業をしているとさらに負荷は大きくなり、デスクワークやスマホをいじっているだけで、自然に筋トレをしてしまっている状態です。

ただ、人間のカラダはとても賢いので、いかにラクをするかを考えます。

モニターに近づくために首が前に出て、腕は常にキーボードの上にある姿勢。

この作業姿勢を長時間キープするためのラクなカラダを作ろうとして、筋肉を常に収縮させて硬くなった状態を作り、支える柱の役割を持たせます。

 

これが、肩こりの大きな要因の一つだと考えられます。

 

そして、痛みを感じなくなるほど慢性化してしまい、ひどくなると、巻き肩や翼状肩甲を引き起こします。

 

首が前に出ちゃってるエンジニアさん、両肩が上がりっぱなしのプログラマーさん、とってもよくお見かけしますよね。

最近、スーツ姿が決まらないなぁ…っていう方は、要注意です!

 

 

●目の疲れ、眼精疲労

ExcelやAccessなどの細かい数字や、CSS等のプログラムチェックなど、PC作業は目の周囲の筋肉を酷使しますね。

思わず、眉間やこめかみをギュと押したくなりますね。

長時間の作業やスマートフォン等の小さな画面での操作により、ピント調節筋である毛様体筋をはじめ、眼輪筋等の緊張により、目の周囲の血流は著しく低下しています。

 

また、作業に集中することにより、まばたきの回数が減少して、ドライアイになりやすい環境を生み出します。

 

 

●交感神経優位による不眠

モニターやスマホのディスプレイから放たれるブルーライトによる目からの刺激により、カラダの調節機能を担う自律神経のうち、交感神経が優位になり、常にアタマとカラダは興奮状態になります。

仕事から帰っても、なかなかリラックス状態の副交感神経優位の状態に戻ることができないので、不眠症状を引き起こします。

 

<こんな治療をします>

治療の内容

 

●全身の血流改善を促すボディケアマッサージ

(首〜肩〜腕〜鎖骨まわり〜背中〜腰〜足)

 

キーボードを叩く手や腕も疲れているはず。しっかりケアをいたします。

●硬くなった筋肉を緩める治療

(筋膜リリース、鍼、灸、関節モビリゼーションなど)

 

正しい動き方を忘れてしまった筋肉や、慢性化して癒着してしまった筋膜にアプローチ。正しい運動パターンが身につくように、筋肉の再教育まで施します。

●副交感神経優位(リラックス状態)に戻すスイッチング

 

主にお灸を使います。背中をツボを使うことが多いですね。

(ほわっとあたたかいお灸です。跡になるほど熱いお灸はしません)

●目パチ鍼

 

目の周りの筋肉を緩め、血流改善を促す鍼治療です。

眉のあたりにやさしく刺鍼します。

 


 

患者様の症状に合わせて、一番適した療法を用いて治療いたします。

 

なお、鍼やお灸が苦手な方は、遠慮なくお知らせください。別のテクニックを用いて施術させていただきます。

 

治療により、痛みが和らぐだけでなく、作業効率も上がりますね。

 

●納期の迫った残業中に

●煮詰まったアタマのリフレッシュに

●休日前にリラックスしたい

 

戦うビジネスマンの応援をさせていただきます。